トークン規格

WBTCが少しエモい話

こんにちは。はるか先生です。フォローよろしくお願いしますね。

ここ数日、ガチ技術勢界隈で盛り上がりを見せているネタにWBTCがあります。古くて新しいテクニックでBitcoinとEthereumが、ほぼ自動で繋がりましたまというお話です。

実はこの話は壮大でクロスチェーンという、宇宙的な概念に広がっていくんですがその話はまた今度するとして今日はWBTCについてみていこう。

ビットコインとイーサリアムのブロックチェーンは繋がってない

ブロックチェーンを基礎とする暗号資産(仮想通貨)はビットコインから始まった。イーサリアムはビットコインとは異なった特性を持ちなんと資産のくせにプログラミングができてしまう。

イーサリアムを愛する人からすると、イーサリアムは世界を覆うコンピュータだというセリフもちらほら。演算速度は全くもって早くないが世界に演算結果を間違えなく超高度信頼性の高いコンピュータとみても間違えはないだろう。

ほら。イーサリアムより早いよ。という暗号通貨はボロボロでてくるんだけど、そんなことよりも高信頼性を担保しながらだんだん高速化を実現するのが僕らイーサリアン。あせることなく開発を続けています。

予定は少しずつ遅れながらも将来の高信頼性を保ったまま進んでいる。

おっとイーサリアムの話をしすぎました。全く違うブロックチェーンを用いているこの2つの仮想通貨は取引所に行って等価交換(この言葉好き。鋼の錬金術師も好き)を行い交換する必要がある。

取引所ではすごいコンピュータが稼働はしているけれども等価の価値同士の所有の付け替えを一生懸命しているだけの簡単なお仕事をしている。

それぞれの帳簿の所有者を取引所の監視下で付け替える。残念ながらすれ違う二人は永遠に繋がることはない。

WBTCとは何だろう

答えから行ってしまうとWBTCは、Ethereum上で取引ができるBitcointと同等の価値を持つトークン。1:1 の価値交換をしているのでWBTC自体はBTCと同じ価値を持って運用される(はず)

Ethereum上にいながらBitcoint同じ価値を提供できる仕組みをもっている画期的なもの。WBTCはWraped BTC。Wrapedは包まれたという意味の英語だ。

今回のケースでいうとEthereumのトークンでBTCを包んだ形となる。

Kyber 提供

こんなイメージである。このイラスト自体を運営主体の一つであるKyberさんが作画マーケティングしている。ちなみにBitcoinはウニをオマージュしたのではないだろうかという疑いが出ている。


KyebrのTelegramにいくと Wrapped BTCのスタンプが手に入る。かわいいキャラクター好きな仮想通貨マンは遊びにいってみるとよいだろう。

こちらが KyberのTelegram → https://t.me/KyberJapanese

WBTCの仕組み

実はそんなに難しいことはしていない。運営主体はある顧客からBTCを提供されるとその提供されたBTCを保管し、同等のWBTCのERC20を発行するのだ。なのでWBTC自体は運営主体に預かった分のBTC分だけ発行されることになる。

参照:https://www.wbtc.network/

ここの中でわかりにくい英語は Mint とCUSTODIANだけと思う。Mintは作成だと思ってもらえばいい。BTCをCUSTODIAN(委託先)にお預けした時にWBTCのトークンを作成するのだ。

WBTCがいらなくなってBTCに戻す時はこの図となる

参照:https://www.wbtc.network/

Burnというのはトークンを燃やしてしまう。つまり無き物とすることである。このようにして預けられたBTCの分だけWBTCを市場に供給することを運営は行なっていく

ビットコインとイーサリアムの世界のイメージ

ビットコインはイーサリアムとは残念ながら直接交差はできないがWBTCの運営主体を介して自由度を持つ。

このときビットコインはWBTCの運営主体のウオレットに格納されているのだけれども、イメージとしては、ビットコインの縁に張り付いている。

 

この張り付いている分だけ右側のイーサリアムの世界にWBCTは生みだされている姿になる。WBCTはとても素敵なのだけれども反対にイーサリアムの価値をBITCOINの世界は放出する機能はない。

あくまでもBITCOINの価値がイーサリアムのなかで浮遊できる一方通行の仕組みとなる。およそビットコインとイーサリアムの時価総額は6倍ほどの差があるのでその価値の異動先としてイーサリアムの宇宙が解放されたことになる

イーサリアム化する価値とビットコインの力

知っておいてもらいたいのですがビットコインは現在仮想通貨内において価値保存においては最強の力を持つ。どんなに高速なトランザクションを誇るトークンがでてきたところで簡単には覆らない。

これまでビットコインに費やされてきたPoWの力の蓄積。そしてBTCの有限発行数の仕組みによるものだろうか。

イーサリアムは、冒頭でお話ししたようにコンピュータとして、流動性とプログラマブルなエモい世界である。契約履行を自動的に行える自律的な生き物のような仕組みである。

その指名故に現時点ではそのスマートコントラクトを支えるために発行枚数の上限は設けられていない。大雑把にいうとどんどん薄まっていくのだ。価値の保存は2の次である。

WBTCがエモいところ

この絵に戻るが、イーサリアムの描く世界は契約の自動履行が自律的な仕組みで動作するところである。その世界にナンバーワンの価値保存能力を持つビットコインの価値の転換ができるようになったのが今回のWBTCである。

お金持ちのお嬢様が辣腕青年実業家と結婚したようなイメージを持っている。ただ、今回のWBTCはある団体が運営をしている。つまりこれが唯一の解決策ではないのでWBTCが成功するかどうかはわからない。

でも2番手、3番手。どこかでこの玉の輿は成功するのではないだろうか。青年実業家は多分大成功を収める日がくると思う。楽しみに待ちたい