blueChainLab
Blockchain technology makes future
ICO/Project

絆コインとは <Study of KIZUNACOIN>

先日から少しDAGについてふれています。TwitterでDAGのことを言っていたら絆コインホルダーの方からお声がかかり日本にもDAGベースのコインがあるんですよとのこと。

それが絆コイン(KIZUNA COIN)です。ということで今回の調査。

DAGがぜんぜんわからんというかたは下記も参考に

DAGとは? 富士通が採用したIOTAの要素技術DAGについて今日は勉強していきましょう。 なんだこの言葉?と思われた方も多いかもしれません。富士通がIOTAを採用というニュース...

絆コインとは

参照: https://www.kizunacoin.net/

発祥は5ch掲示板(あの有名な2chの後継です)から発祥した草の根プロジェクト的なコインです。コミュニティ系コインです。

2018年8月にDAGベースのトークンとしてリニューアルして上場も目指していくとのことです。

White Paper(こちら)をみたのですが現時点ではコミュニティコインとしての特性が強く絆という言葉もその点から来ているようですね。

DAGベースのテクノロジーは Byteballをベースにしているとのことです。Byteballからの変更点はわかりませんが次章では少しByteballについてふれておきます。

実際の発行のコンディションはWhite Paperに以下のようにまとめられています。ちょっといくつかコメントをしてみましょう。

Supervisor – Shouichi Hatsuse (mori) KIZUNACOIN

Top Developers

– Tyler dundon
– Zealous wang
– Sun doing
And developer team

Specifications

Coin ticker: KIZ
Algorithm: Directed acyclic graph
Maximum coin supply: 20,000,000,000
Distribution method: swap from Skein-algorithm-KIZ (old algorithm KIZUNACOIN)

—Skein-kiz pre-sale amount: About 4 billion
—Swap of airdrop maximum circulation

volume: About 700,000,000

GitHub Link: https://github.com/KIZUNACOIN

About max 4.x billion circulation volume, When listing. Currently (AUG 2018), 1 billion circulation volume

Every month, max 40 million kiz, distribution volume increases by sales. Sales, from two and a half months after the listing. 1 year, up to 480 million kiz increase.

Website URL:  https://www.kizunacoin.net/
Git Repository: https://github.com/
KIZUNACOIN Explorer: https://explorer.kizunacoin.jp

まず開発者ですが海外の方3人が中心に列挙されています。代表のかたは日本の方なのですが日本にこだわらずに海外の方を抜擢された点についてはとても好感が持てます。まだまだ日本にはナレッジがない世界ですからね。こららの方を少し調べてみましたがちょっと見つけられませんでした。良い悪いの判定はしません。

総発行量は200億枚でこの数字は身近なところでいうと NANJやYUKIと同じ発行量ですね。初期の流通量は40億枚あたりでスタートなので20%程度の流通量でスタートし毎月4000万枚を放出していくとのこと。1年に約4.8億枚ですね。

 

NANJやYUKIは実需に対するプロジェクトを重視し活動をしておりそれにより通貨の活性化をめざしています。さて絆コインはその点についてはどういった手をだしていくでしょうか?ココらへんはコミュニティ形成とコミュニティによる力も借りたいところではないかと思います。

まずはこのタイミングはDAGベースでのリリースで手一杯ではないかとおもいます。またDiscord等では大手への情報を匂わせておりその点に置いては価値保存の圧力を働かせているのが見えます。

と思っていましたがDiscordでのmoriさんの下記のコメントをみるとDAGベースによる高性能トークンを企業にまるごと買ってもらい実需のところは企業側の既存もしくは開発にもっていくようなストーリであることが伺えます。

絆コインの入手方法

残念ながら現時点では手に入れることができません。プレセースでの販売やエアドロップが終了してしまっています。Discordではたまにエアドロップをしてそうな感じはしますが、お金儲けしようという方向けではないと思います。

Byteballを知ろう

参照: https://byteball.org/

ByteballはDAGベースで、その中でもテクノロジー好きに人気を得たトークンの一つです。こちらのトークンも特定用途というよりはプラットフォーム提供指向でこのByteballを活用して楽しいプロジェクトをしてくださいという方向性がみえます。

現在でも定期的なエアドロップが行われておりユーザーのアテンションを保持するための機構が働いていると感じています。

匿名取引やチャット機能など応用の効く機能も内蔵されており期待がもてます。公式ページには日本語のページもあるのでご一読いただくことをオススメしたい(https://byteball.org/index.html.ja

これらの機能すべてが絆コインで使えるわけではありませんがポテンシャルとしてみておくことはできるかと思います。Byteballのチームは大きいので同じことをするのはもちろん厳しいでしょう。

Byteballにはwitnessというノードが設けられておりWitnessにより取引の承認が行われます。Byteballにおいては運営側が現在12のノードを用意しています。これは第3者でも設置することができます。

この点においてはByteballのいいところを引き継いだとおもう。

 

まとめ

このプロジェクト自体のExitも企業への売却を考えているという宣言に近いものもあり長期的に現時点でのWPなどでの判断は難しい。中長期保有に関してはよく考えてください。大きな変節点があったときにまた考えればいいと思います。

DAGベース、5chの発祥という点においては匂わせている上場時にお祭りの発生があるのかもしれないとは思っているが。これは短期投機の可能性が高いので注意深くよく考えて手を打っていただくのがいいと思います。

DAGはまだまだ例も少ないので現行もしくは次世代の運営が経験値を踏んでDAGの世界でのトッププレイヤーになってほしいけどね。

参考資料

https://www.kizunacoin.net/

https://discordapp.com/invite/fmhV8Qq

https://twitter.com/KIZUNA_OFFICIAL

https://bitcointalk.org/index.php?topic=4412637

http://hoboshibou.net/2018/07/17/kiz000/

https://byteball.org/index.html.ja

https://junyahirano.com/byteball_dag_based_cryptcurrency/