仮想通貨

ICO好きが語るSTOとIEO

筆者は2018年の前半まではICOを追いかけ、ブログを開設し情報発信し、たんまりお金も入れて活動していました。では2019年のICO周りはどうなっていくのでしょうか?

ICO イニシャル・コイン・オファリング

まずICOを知らない方のために少しICOについてお話します。ICOは、イニシャル・コイン・オファリングの意味で、仮想通貨を利用したプロジェクトが主に開発、運営資金を調達するために発行した仮想通貨を一般投資家に販売を行うことをいう。

株式の法律に縛られずトークンの発行販売が可能であったため、銀行や証券発行での資金調達ができないプロジェクトも資金が得やすい手段として2017年2018年には相当数のプロジェクトがICOの仕組みを利用しました。

ICO自体が昨年激増した背景には仮想通貨に多くの人が投機目的で参加し、またリファと呼ばれる照会料金も破格の金額でした。

ICOに参入されている方は比較的資金に余裕があり数10万円から数百万円の資金を投入してきた人が多かった。dAppsゲームよりも平均年齢も高かったでしょう。

ただ、2018年中旬より。主要な仮想通貨の価格降下などの環境変化により、ICOによる資金調達に難がでてきて、結局ICOの手法はほぼ使われなくなってしまいました。

その代替え策としてICOの後に現れた仮想通貨を用いた資金調達の仕組みがSTOとIEOです。

STO セキュリティー・トークン・オファリング

STO聞いたことあるでしょうか?ICOの後継と目され昨年後半からよく出てきたワードです。セキュリティー・トークン・オファリングの略称です。

STOのポイントは法規制を遵守した上で、トークンを証券的に扱った、セキュリティ・トークン(証券トークン)として発行しようという試みです。

アメリカであれば SEC(米国証券取引委員会)の決めたルールに沿っていくとのこと。お行儀の良い形になりました。ということで、投機的な面白いネタのトークンはでないだろうなということです。法規制が厳しいためかなかなかSTOが実行されないように感じています。

SECに従い、適格投資家と呼ばれる、富裕層しか投資できない可能性も高く、我々一般投資家が投資できるチャンスはないのかもしれない。STOに関してクリプトタイムズの記事が詳しい。ご一読いただくのが良いでしょう。

STO(セキュリティ・トークン・オファリング)とは?ICOとの違いを徹底解説

IEO イニシャル・エクスチェンジ・オファリング

IEOはイニシャル・エクスチェンジ・オファリングの略で、取引所がコインのリリースを仕切ります。ICOでは運営がスマートコントラクトを書いて自分でコインのリリースを仕切っていました。間には誰もいませんでした

IEOは、取引所のプラットフォームを使うため至極全うかつシステムは元々大規模な取引にも耐えられるように考えられたプラットフォームです。また多くのトークンを扱ってきた組織なのでそういったソフトの面でも安心感があります。

ICOでは、トークンが取引所への上場を保証されておらず、上場しそうという噂でかるく数倍の幅で金額が揺れたほどです。

IEOの場合は取引所が取り仕切るためICOと異なり最初から上場が保証されています。つまり爆発必死のICOばかりを扱っているようなものです。その観点でIEOには大きな期待をもっています。

Binanceが1ヶ月ごとに新規のトークンの発売を行なっていくことを宣言して始めた Binance Lunchpad は期待しています。2019年3月にあった CelerのToken Saleも約17分で終了しました。

クリプトタイムズの記事

BitTorrent / $BTT がICOを18分間で7.7億円を調達完了

Fetch.AIがBinance Launchpad上で22秒間に600万ドルを売り上げ、即完売

Binance Launchpad第三弾「Celer」が17分でトークンを完売

それぞれのプロジェクトでは5−7億円規模の調達を果たしている。この金額は昨年のICOブームと比較すると少々少なめの調達額。2018年のICOでは1桁億円規模が少額案件の扱いであった。上場未定でも売り切れてしまうものも多くあった。IEOでは上場はほぼ約束されたようなものである。IEOの案件が、短時間に売り切れてしまうのも仕方がないのかもしれない。

非中央集権はまだ人間には早すぎたか?

ICO自体が画期的だったのは証券取引であったような、市場や証券会社を介さず直接小口投資家との取引を可能としたところ。

それも、Ethereumを用いた場合はスマートコントラクトを用いることができ、Ethereumをあるアドレスに送りつけると、スマートコントラクトがICOを行ったトークンを送りつけてくれる。

手の込んだ、プロジェクトはスマートコントラクトで、ロック期間を記述し売買の制限も自動化を行った。理想的な非中央集権的な資金調達に見えるが、監督者が居ないが故に玉石混合の様相を呈していたのです。

自由すぎる世界にはそれ相応のリスクがあり、IEOの登場で間に取引所がはいることになった。もちろん、非中央集権が絶対正義であるなんてことは思ったことはないけれど、集権的ではあるよね。

元締めが入ったとはいえ、仮想通貨世界の取引所だけあって、法律の遵守は仮想通貨の範囲であるので証券法の世界よりは緩い世界であろう。ICO勢にとってはうれしいところである。

IEOのプラットフォーム

現時点でIEOをスタートさせたのはBinanceですが。IEOを行うことを発表している取引所があります。プラットフォームとして成長させていこうとしています。

  • Binance Launchpad
  • Huobi prime
  • Bittrex
  • OKEx Jumpstart

Binanceはぶっちぎりで既に3つの案件をこなしています。米国大手のBittrexは3月14日に、IEOを予定していたのだがキャンセルしてしまいました。理由は重要なコントラクトが解消したのを受けての取り消しをしています。投資家目線での判断です。

Huobiは3月26日に予定をしています。こちらはすでにクリプトタイムズで記事があるのでぜひ参考にしてみてください。こちらが記事

OKExは、これから手をかけます。執筆時点で英語での大々的な発表はありませんがCEOがWeibo(中国のFacebook的サービズ)で発言を行った。Binance, Huobi OKExは、設立当初から切磋琢磨する3大中華系取引所なのでBinance, Huobiに負けじとラウンチすると思っていいいでしょう。

世界トップクラスの取引所はIEOに手をかけることになります。

まとめ

以前のICOのようにしっかり吟味して楽しんでいけばいいのではないだろうか。しばらくはどの銘柄も上場直後の値上がり益期で購入は大変になることが予想される。

IEOはこれからも中小の取引所からも増えてくる予感がしています。上記の大手取引所であれば実績、規模の観点から、はめ込まれる心配は少ないと思う。ちょっと中小の取引所に関してはより細心の注意を払っていただいた方がいいと思います。

IEOだからといって手放しで信用せず、プロジェクトならびに取引所の信頼についてはしっかりと自分で考察してから投資をしましょう。

ICOのころのように、1日で10倍、100倍ということはないのかもしれないけれども、僕もIEOに参加してみたいと考えています。