blueChainLab
Blockchain technology makes future
dApps

BinanceのDEX <Binance Chain Token??>

BinanceのDEXについは2018年3月にBinanceの企業から共同体への变化の宣言のときにでてきた構想です。自律型組織にはやはり非中央政権構造のDEXも必要な要素なのでしょう。

今日はあまり他の方がふれていないところも少しふれて私の考察を述べていきたいと思う。

Binanceの共同体宣言とは

まずは全文敬意を評して引用したいと思います。Binanceの共同体が成功した暁にはこの文章は記念樹的な意味合いを持つもの

Fellow Binancians,

In the world of blockchain, we have always believed that actions speak louder than words. Thus, a tailored blockchain is the best way to communicate ourselves.

In just six short months, Binance has transformed into one of the world’s most popular cryptocurrency exchange platforms. Additionally, we completed Binance Labs (a blockchain technology incubator), Binance Info (our Codex), as well as many other components that comprise the Binance ecosystem. We believe that continuously supporting high-quality blockchain projects is the best way to develop this industry. We will continue to improve this part, as we committed in our whitepaper. However, for Binance, this is far from enough.

After extensively researching decentralized exchange frameworks and analyzing existing implementations, we believe significant improvements can be made in providing Binance users with a level of trading experience to which they are already accustomed. Centralized and Decentralized exchanges will co-exist in the near future, complementing each other, while also having interdependence. We stand here today because we believe that Blockchain technology will change the world. In the face of adversity, we have always elected to tackle issues head-on, instead of retreating. As such, we have decided to officially launch the development of the Binance Chain.

As a public blockchain, Binance Chain will mainly focus on the transfer and trading of blockchain assets, as well as provide new possibilities for the future flow of blockchain assets. Binance Chain will focus on performance, ease-of-use, and liquidity. Binance Coin (BNB) will be upgraded to exist on its own blockchain mainnet, becoming a native coin. At the same time, Binance will transition from being a company to a community.

We know how hard it is to create a business, however, creating history is even harder. The real enemy is often ourselves. We need to continuously improve and disrupt ourselves. We need to work together to create a better version of ourselves. The future belongs to the new us, together. Thank you for your unwavering support.

Thanks for your support!

Binance Team

2018/03/13

引用: Binance Chain

せっかくなので私の方で少し訳しましょう。

Binanceの仲間たちへ

ブロックチェーンの世界では、行動は言葉よりも大きく語られると常に信じてきました。したがって、織り上げたブロックチェーンは、自分自身に伝える最良の方法です。

わずか6ヶ月で、Binanceは世界で最も人気の高い暗号化交換プラットフォームの1つに変わりました。さらに、Binance Labs(ブロックチェイン技術インキュベーター)、Binance Info(当社の写本)、およびBinanceエコシステムを構成する他の多くのコンポーネントを完成させました。私たちは、高品質なブロックチェーンプロジェクトを継続的にサポートすることが、この業界を発展させる最良の方法だと考えています。ホワイトペーパーで述べたように、私たちはこの部分を引き続き改善していきます。しかし、Binanceは満足していません。

分散型エクスチェンジ・フレームワークを幅広く調査し、既存の実装を分析した結果、Binanceユーザーに既に慣れ親しんだトレーディング・エクスペリエンスを提供する際に大幅な改善が可能であると考えています。集中化、分散された取引所は近い将来に共存し、相互に補完し合い、相互依存性も有する。ブロックチェイン技術が世界を変えると信じているので、私たちは立ち上がることにしました。逆境にあっても私たちは常に後退するのではなく、正面からの問題に取り組むことを選んできました。そして今日、私たちは正式にBinance Chainの開発を開始することを決めました。

パブリックブロックチェーンとして、Binance Chainは主にブロックチェーン資産の移転と取引に焦点を当て、ブロックチェーン資産の将来の流れのための新しい可能性を提供します。 Binance Chainは、パフォーマンス、使いやすさ、流動性に重点を置いています。 Binance Coin(BNB)は、独自のブロックチェーンメインネット上に存在するようにアップグレードされ、ネイティブコインになります。同時に、Binanceは企業からコミュニティに移行します。

しかし、ビジネスの創造がいかに難しいかを知っていますが、歴史を創造することはさらに困難です。本当の敵は多くの場合自分自身です。我々は自分自身を継続的に改善し、過去の自分を破壊していく必要があります。我々はより良​​い自分自身の次世代の姿を作るために一緒に協力する必要があります。新しい未来は私たちとともにあります。皆さまのご支援に感謝いたします。

ご協力ありがとうございました!

バイナンスチーム

2018/03/13

この宣言によりBNBはBinance ChainとしてERC20から独自のブロックチェーンを持つトークンとして独立することを宣言しています。またこの独自のBinance Chainを作り上げ、またBinance自身も共同体として立ち上がることを示しています。

DEXのデモについて 2018年8月

この宣言から5ヶ月が経過した2018年8月にBinanceのCEO CZは突如DEXのデモを公開しました。下記の映像を見た方も多いと思います。

 

DEXといえば現在の主流はERC20をベースとしたIDEXなどのイーサリアム勢です。あとNEO系のSwitcheo当たりでしょうか?それぞれは現時点では各プラットフォームに帰属するトークンのみの対応となります。

アトミックスワップとよばれる基軸通貨を超えたトークンの交換はまだまだ現実化されていないと私は理解しています。

そういう観点でではBinance のDEXはどんなDEXを開発しているのだろうと興味津々でした。

今回のデモはトークンの発行、板を立てて、取引をするという一連の流れと説明しエンジニアさんが淡々とおこなっていました。ふらーとERC20のトークンかなとよく見ていたら。。。

読めますか?発行されたトークンのTypeは Bnbchain/Token となっています。今Binanceが開発して最初に手がてけいるのがBNB基軸のトークンのDEXということですよ。

そうなんですよ。ERCでもNEOでもなくBNB基軸なのです。いや予想されたことかもしれません。だって、ERC20系だったらめっちゃ簡単につくれますもんね。何人も作ってるし、買収すればすぐ済む話。5ヶ月かけたのはやはり独自BNBChainの基軸通貨だったからでしょう。

アトミックスワップの媒介のための通貨にトークン発行の機能が必要でしょうか?Bancorみたいな中間トークンとして使うのでしょうか?もしくはイーサリアムやNEOにタメをはる基軸通貨を狙う???うーん。興味はつきません。

Trustの買収

あとこの6月末〜7月にはもう一個Binance絡みで大きなニュースがありました。Trustの買収です。Trust自体は3人のエンジニアが行っているプロジェクトで現時点では大きくありませんがdAppsが駆動できるウオレットとしては一番のシェアを誇ります。以前に記事を書いたのでこちらもみてみてください。

あわせて読みたい
Trust Platformの衝撃  仮想通貨世界におけるモバイル経済圏の開発Trust はイーサリアムのdApps対応のWallet(お財布)として大きなシェアをもつことができました。ここからPlatformに大...

この記事でもモバイルを獲るのは今後のdAppsの覇権を獲るのに必須だとおもっているということを考察しました。Binanceはそこをとっていくのでしょう。

Trustはこの買収の直前にKyberでのICOのとりやめ。そしてマルチウオレット対応についても表明しています。マルチウオレット化はこれは想像ですがアトミックスワップを行うのには必須であろうかと思います。

まとめ

Binanceは全体像についてはまだまだ語っていません。ただBinance Chain Trustの買収はそれぞれの点がつながり大きなDEX,CEXを包む共同体としての構成要素となるでしょう。

他社も頑張っていますが描く絵が一回り大きいものな気がします。CZの発言これからも注目するしか無いでしょう。

 

ではでは